ひび訳:MtG

マジックの日英対訳を日々(?)楽しんでいきます。
英文の魅力。翻訳の魅力。MtGの違った楽しさが伝わりますよう。


0018_01
Coax from the Blind Eternities / 久遠の闇からの誘引 (2)(青)
ソーサリー
あなたはゲームの外部か追放領域にある、あなたがオーナーであるエルドラージ(Eldrazi)・カード1枚を選んでもよい。そうしたなら、それを公開してあなたの手札に加える。
At Nahiri's call, Emrakul traversed the vast emptiness between the planes and arrived on Innistrad.
ナヒリの呼びかけに応じ、次元と次元の間の広大な空虚を抜けて、エムラクールがイニストラードに現れた。
『異界月』(SOI, 2nd, 2016) Rare

『異界月』(2016) のレア。

「追放領域」か「ゲームの外部」からカードを探してくる、サーチカードの一種です。「ゲームの外部」というと初めて見る方にはなんのこっちゃという感じですが、現在のルールでは「サイドボード」と同じ意味になります。すなわち、サイドボードの特定デッキ用対策カードをピンポイントで持ってくることができるわけですね。過去には同様にゲームの外部を参照する願いサイクルがあります。

対策カードを1枚積みしてサーチカードにより使い分けるといういわゆるシルバーバレット戦略にぴったりの一枚であり、しかもゲームの外部だけでなく追放領域からも選べるので応用範囲は広い……、ような気はします。実際には、総じてコストの重いエルドラージ・カードしか持ってくることができないので取り回しづらく、デッキ構築の段階から狙った運用が問われそうです。

筆者としては、CIP(EtB)で自分のデッキを丸ごと追放してしまう「真実を覆すもの / Inverter of Truth」や、追放領域から唱えられる「永遠の災い魔 / Eternal Scourge」などと絡めると楽しそうだなとは思うのですが、肝心のサーチ先をどうするかが難しいです。


カードのフレーバーとしては、ソリンの裏切りに復讐を誓うナヒリの姿を描いた、『異界月』のストーリーの鍵となるシーンになっています。フレーバーテキストにも明らか。

At Nahiri's call, Emrakul traversed the vast emptiness between the planes and arrived on Innistrad.
ナヒリの呼びかけに応じ、次元と次元の間の広大な空虚を抜けて、エムラクールがイニストラードに現れた。

エルドラージタイタン封印の一翼を担った彼女がエルドラージを呼び寄せるとは、なんと因果なことでしょうか。しかもそれが最も強力といわれるエムラクールとは。

英語的に筆者が気になるのは、英文冒頭の"At Nahiri's call"の部分です。どことなく、「血統の呼び出し / Call the Bloodline」のフレーバーテキストを思い出さないでしょうか。

0018_01
血統の呼び出し/Call the Bloodline
At Sorin's appeal, Olivia Voldaren summoned the full might of her bloodline to gather at Lurenbraum Fortress.
ソリンによれば、オリヴィア・ヴォルダーレンは自身の血統の全勢力を呼び寄せ、ルーレンブラム要塞に集めているとのことだ。
『異界月』(2016)

「ソリンによれば」の訳が怪しいのは以前の記事の通りです(過去記事 今の記事と文体が違ってハズカシイ)

"At Nahiri's call"/「ナヒリの呼びかけに応じ」と"At Sorin's appeal"/「ソリンの要請を受け」は、英語を見ればかなり似ているフレーズです。もちろん珍しいというほどの表現ではないので偶然の一致だと思います。しかし、『イニストラードを覆う影』にて吸血鬼達の支援を借りたソリンと、『異界月』にてエルドラージの力を呼び込んだナヒリ、その両者のストーリー上の対比がフレーバーテキストに現れており、彼・彼女の結末とも合わせて感慨深い思いに浸れます。


さて、もう1点気になるのはカード名です。英語カード名"Coax from the Blind Eternities"の"coax"というのは「丁寧に頼んだり辛抱強く働きかけることで、誰かを説得しようとすること」という意味であり、日本語では「なだめる, 言いくるめる」となります。前置詞に"from"を使うことも多く、下記のような例文があります。

She coaxed a smile from her baby.
彼女は赤ん坊をあやして笑わせた.

赤ん坊「から」笑顔を引き出した、という感じですね。これに照らし合わせれば、"coax from the blind eternities"は「久遠の闇から(エムラクールを、上手い感じに)誘い込んだ」という意味合いになるでしょう。

しかし一方で、「久遠の闇という場所から、"coax"という行為を行う」という意味にも取れないでしょうか。そうした場合、ナヒリはエムラクールによって自らを呼び出すよう唆されたということになります。エムラクールの謎めいた退場も考えれば、ありえないことではなさそうです。

「久遠の闇からの誘引」という訳にも、このある種のダブルミーニングを読み取ることができます。これは訳の上手さというより前置詞・後置詞の機能が言語間で保存されていることによるものが大きそうです。逆に両方の意味で取れるよう訳を調整していたのなら脱帽します。


ナヒリもそうですが、ソリンはあの後どうなってしまったんでしょうね。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット